サポーター宣言について

青年海外協力隊は、開発途上国で2年間、現地の人々とともに生活し、働き、彼らと同じ言葉を話し、異なる文化・習慣に溶け込みながら、草の根レベルで途上国の抱える課題の解決に取り組みます。途上国の人々や社会に貢献すると同時に、彼ら自身も途上国における活動を通じて、広い世界観と問題意識、逞しい精神力、高度なコミュニケーション能力などを身に付けます。また海外から日本社会を見直すことによって日本の良さを再発見したり、問題点を確認したりして、真の意味のグローバル人材となって帰国します。

一方、日本の社会を振り返れば、急速に進行するグローバル化、新興国のプレゼンスの拡大と国際競争力の激化、BOP等新たなビジネスモデルの展開、問われる企業の社会的責任など、社会を取り巻く環境・価値観は大きく変化しており、それらに対して柔軟かつ迅速に対応することが求められています。

企業や団体、自治体、教育機関等の皆様には青年海外協力隊をはじめとしたJICAボランティア事業をご支援いただくとともに、JICAボランティア事業をそれぞれのご活動に有益なものとして積極的に役立てていただけるよう、本ウェブサイトでは様々な連携事例をご紹介します。

なお、連携事例に記載しております所属部署・役職等に関しましては、インタビュー当時のものになりますので、あらかじめ了承ください。

TOP